• HOME
  • BLOG
  • ミリねた
  • 猟師が使ってる銃「ベネリ・スーパーノヴァ」をレビューしてもらいました

猟師が使ってる銃「ベネリ・スーパーノヴァ」をレビューしてもらいました

[voice icon=”https://jp-airsoft.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/misarin-1.jpg” name=”スザみ” type=”l”]こんにちは、みさきです。
今回は知人の猟師さんに使っている猟銃を紹介してもらいました。[/voice]

ベネリ・スーパーノヴァ

Benelli SuperNova
12番のポンプアクションショットガン
今年アメリカ州警察が採用を決めた信頼性の高い銃だ

イタリア製の刻印。ベネリ独自の技術で作られたポリマー素材の機関部外郭は軽量化と強度を兼ね備える。

画面中央の丸い部分がセーフティ。銃左面より押し込み反対側にボタンが出れば安全装置がかかる。
大型のトリガーガードは手袋でもアクセスしやすい。

装填について

最初に左手部分のスライド(先台)を引き切りチャンバー(薬室)を解放する

薬室へ初弾となる一発目の弾を入れ先台を元の位置まで前進させれば装填完了だ。

次に機関部下部のマガジンチューブ(弾倉)に2発を挿し入れる。
日本の法律では散弾銃は3発まで装填可能だ。

弾倉に装填が終わればこのような状態になる。
ロックされていて落ちてくる事はない。

装填している弾はスラッグ弾2発(左・中央)とバックショット弾1発(右

※実際には装填していません(撮影のためそれっぽく見せてます)

[voice icon=”https://jp-airsoft.com/wp/wp-content/uploads/2018/12/ryoushi.jpg” name=”りょう氏” type=”line r”] これ装填している用に見えるけど、実際は装填してませんよ。[/voice]
[voice icon=”https://jp-airsoft.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/misarin-1.jpg” name=”スザみ” type=”l”]どうしてですか?[/voice]
[voice icon=”https://jp-airsoft.com/wp/wp-content/uploads/2018/12/ryoushi.jpg” name=”りょう氏” type=”line r”] 猟師のルールで、獲物が見えるまで装填しちゃだめだからだよ。[/voice]
[voice icon=”https://jp-airsoft.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/misarin-1.jpg” name=”スザみ” type=”l”]勉強になりました![/voice]

使用しているスコープ

スコープはVortexのStrike Eagle。1~6倍可変のコンバットスコープだ

狩猟時の服装について

ご本人

猟はこういう目立つ服装でやるそうです。

2019年1月更に突っ込んだインタビューを実施か!?

来年1月に東京にいくので、その時にこの猟師さんに同行していろいろインタビューしていこうと思ってます。

どうぞお楽しみに

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。